賃貸サポート

【お部屋探し】

 

 ここではお部屋の探し方についてです。

基本的にはインターネットを活用し、

各社のHPやポータルサイトで探すことが一番

だと思います。
いまは携帯電話があれば、いつでもどこにいても簡単に探せますからね。

しかし、ポータルサイトを見ても載っている情報はそのお部屋のことだけです。

具体的に言うと、
ポータルサイトの物件登録欄には物件情報やアピールポイントを入れるところしかないため、
その建物が「どういう所にあって」、「どんなデメリットがあるのか」や

「日当たり」がいまいちわかりません。

不動産営業マンは、うまく写真を撮りますので写真だけで「日当たり」は判断しないで下さいね。
東向きで朝日(午前中に撮ります)しか当たらなかったり、
西向きで西日(夕方撮ります)しか入らないこともあります。
北向きのお部屋では、窓の外から写真を撮ることによって明るく見えたりもします。

ではどうやって探すのか??

個人的にお勧めすることは(面倒ですが)、
車や自転車を使ってお探しのエリアを回り、

HPに載っていたお部屋の外観を見ること
です。
なかなか見つからないこともありますが、
迷っているうちにお探しのエリアがどういう所なのか覚えるという

メリットもありますので頑張ってみて下さい。


エリア、お部屋を絞って探すことによって不動産屋さんに行ってからの対応も早くなります。

不動産取引の場合、お申し込み順(仮押さえは3日間程度)に受け付けをしていくため、
「いいな~」と思ったお部屋があってもお申し込みをしなければ、

先にお申し込みが入ってしまうことがあります。

繁忙期には数十分、数時間の差で埋まってしまうことも多々ありますので、注意が必要です。

相場を把握し、外観を自分の目で確かめておけば、
実際にお部屋を見学したあとの決断も早くなりますよね。

お部屋探しを失敗しないためにも、

相場観を養う労力や下見を行ってみて下さい。


ここまでのまとめです。

 ①相場を知る
 ②インターネットに載っている物件の外観を自分の目で確かめる
 ③お部屋を見る


以上です。

次はお部屋の見学について詳しくご説明します。